stin's blog logo

WebSocket を使ってみたくて簡単なチャットアプリを作って Google Cloud Run にデプロイしてみる

公開:


WebSocket でリアルタイム通信したいんじゃ

WebSocket 通信を使ってみたいので調べた学習ノート。Node.js 用ライブラリの ws を使わずに WebSocket サーバー実装とかできたらかっこいいけどとりあえずライブラリに甘えます。

ws による最小構成

npm i ws @types/ws

サーバーを起動する最小構成。

import { WebSocket, WebSocketServer } from "ws"; const wss = new WebSocketServer({ port: 7777 }); wss.on("connection", (ws: WebSocket) => { console.log("connected!"); ws.on("message", (data, isBinary) => { for (const client of wss.clients) { if (client.readyState === WebSocket.OPEN) { client.send(data, { binary: isBinary }); } } }); ws.on("close", () => console.log("closed!")); });

このコードをコンパイルして Node.js で実行すると ws://localhost:7777 で WebSocket サーバーが起動して接続を待ち受ける。クライアントから接続があるとまず “connected!” と表示する。そして、接続中のクライアント全てに受け取った値を送りつける。クライアントの接続が切れたら "closed!" を表示する。

クライアントは vite でさくっと React アプリを構築する。

npm create vite@latest client --template react-ts
import { useCallback, useEffect, useRef, useState } from "react"; import "./App.css"; function App() { const [message, setMessage] = useState(""); const webSocketRef = useRef<WebSocket>(); useEffect(() => { const socket = new WebSocket("ws://localhost:7777"); webSocketRef.current = socket; socket.addEventListener("message", event => { setMessage(event.data); }); return () => socket.close(); }, []); const [inputText, setInputText] = useState(""); const submit: React.FormEventHandler = useCallback( event => { event.preventDefault(); webSocketRef.current?.send(inputText); }, [inputText], ); return ( <div className="App"> <h1>{JSON.stringify(message)}</h1> <form onSubmit={submit}> <input value={inputText} onChange={e => setInputText(e.target.value)} /> <button>送信</button> </form> </div> ); } export default App;

ブラウザ側の WebSocket 通信は Web API の WebSocket クラスを使用する。 ws の API である WebSocket とは別物であることに注意。

WebSocket のインスタンスを掴んでおくための useRef を用意する。 useEffect 内で localhost:7777 と接続する WebSocket インスタンスを生成して useRef に格納する。

socket.addEventListener でメッセージを受信したら setMessage に渡す。そうすると h1 要素に受信したメッセージが格納される。

テキスト入力を受け付けるフォームを作り、サブミットされたら socket.send でデータを送信する。サーバーサイドでは接続されたクライアントすべて(自分含む)に転送されるので、 socket.addEventListener が動くはず。

2つのブラウザで同じアプリを開き、一方での変更がもう一方に作用する様子

できた!

HTTP サーバーとの共存

websocket エンドポイントだけで完結する Web サービスは存在しないので、HTTP サーバーと共存する方法を調べる。

大抵の Web フレームワークには ws のプラグインがあるっぽい。今回は fastify を試してみる。ちなみに fastify 自体も使ったことがなかった。

npm install fastify

まずは fastify で簡単な GET リクエストを受け取ってレスポンスを返す書き方。

import fastify from "fastify"; const server = fastify({ logger: true }); server.get("/", async (request, reply) => { return { hello: "wolrd" }; }); const start = async () => { try { await server.listen(7777); } catch (error) { server.log.error(error); process.exit(1); } }; start();

Express と似てるようで違う。 server.get に渡したコールバック関数からオブジェクトを return すると、それが json 形式のレスポンスになるらしい。 Express っぽく reply.send({hello: "world"}) と書いてもいけるらしいけど、コールバック関数の戻り値がそのままレスポンスになるのは、HTTP メソッド = コールバック関数 という捉え方ができて直感的になっている気がする。

server.get の戻り値が server 自体になっているのでメソッドチェーンで書けてスマート。

server .get("/", () => { return { hello: "world" }; }) .post("/", () => { return { message: "nice post method!" }; });

さくっと fastify の書き方を学んだところで、WebSocket エンドポイントを実装するためのプラグインをインストールする。

npm install @fastify/websocket

fastify-websocket をインストールして実装する記事が多いが、最近(2022/04) @fastify 名前空間に移動されたらしい。それと同時に fastify-websocket は更新停止され非推奨になった。

import websocketPlugin from "@fastify/websocket"; import fastify from "fastify"; const server = fastify({ logger: true }); server.register(websocketPlugin); server.get("/", { websocket: true }, (connection, request) => { connection.socket.on("message", (data, isBinary) => { for (const client of server.websocketServer.clients) { client.send(data, { binary: isBinary }); } }); }); server.get("/hello", async (request, reply) => { return { hello: "world" }; }); const start = async () => { try { await server.listen(7777); } catch (error) { server.log.error(error); process.exit(1); } }; start();

ws だけで実装したものと同様の機能と、単純な JSON を返す HTTP GET を実装したサーバーのコード。 fastify.get を宣言する時にオプションで { websocket: true } を渡すと、WebSocket エンドポイントになる。 connection.socket に ws の WebSocket クラスのインスタンスが格納されている。ws サーバーの本体は server.websocketServer に入っているので、接続中クライアントすべてのリストは server.websocketServer.clients で取得できる。

ポート番号は同じにしてあるので、この fastify サーバーを起動すればクライアント側は修正不要でいける。同時に http://localhost:7777/hello に GET リクエストも送信できる。

簡単なチャットアプリを作ってみる

クライアントは React で、サーバーは fastify と ws でチャットアプリを作ってみる。

要件

  • ログイン機能はなし
  • ブラウザのローカルストレージに userId を保存して、それで送信者を識別するだけ
  • userId はクライアント側で採番する
  • メッセージが送信されたらリアルタイムに他のクライアントに通知する
  • メッセージの ID はサーバー側で採番する
  • メッセージはサーバー側のインメモリに有限個数保存する

サーバーサイド

まずはクライアントからサーバーに送信するメッセージのデータ型を決める。大規模なことはしないけど、本格的な開発を見据えて zod を使ってちゃんとバリデーションもする。

import * as z from "zod"; export const chatMessageValidator = z.object({ userId: z.string(), content: z.string().max(500), });

クライアントからくるデータは userIdcontent の 2 つのプロパティを持つ JSON とする。巨大なデータな持たされるのも困るので content は 500 文字まで。

続いて、メッセージのデータを管理するサービス層。

type ChatMessage = { id: string; userId: string; createdAt: string; content: string; }; const chatData: ChatMessage[] = []; const CHAT_MAX_LENGTH = 50; export function getChatMessages(): readonly ChatMessage[] { return chatData.slice(); } export function addChatMessage( message: Omit<ChatMessage, "id" | "createdAt">, ): readonly ChatMessage[] { chatData.unshift({ ...message, id: Math.random().toString(36).slice(-8), createdAt: new Date().toISOString(), }); if (chatData.length > CHAT_MAX_LENGTH) { chatData.length = CHAT_MAX_LENGTH; } return chatData.slice(); }

ChatMessage 型の配列をモジュールスコープの変数で保持しておく。

全件取得の関数 getChatMessages() は保持している配列のコピーを返す。

メッセージを追加する addChatMessage()ChatMessage のプロパティのうち idcreatedAt を除いたデータを受け取り、内部で idcreateAt を計算して配列の先頭にデータを追加する。 CHAT_MAX_LENGTH より配列の要素数が大きい場合は切り落とす。その後、配列のコピーを返却する。

そしてクライアントとの接続部分。

server.get("/chat", { websocket: true }, connection => { connection.socket.on("message", data => { const rawData = JSON.parse(data.toString()); try { const message = chatMessageValidator.parse(rawData); const newMessages = addChatMessage(message); for (const client of server.websocketServer.clients) { client.send(JSON.stringify(newMessages)); } } catch (error) { console.error(error); } }); connection.socket.send(JSON.stringify(getChatMessages())); });

接続が確立されたらまず現在のメッセージ全件を送信する(最終行)。

クライアントからデータが送信されてきたら、zod で作った chatMessageValidator でデータチェックして、違反していたらコンソールにエラー表示だけして無視する(良くない)。正しいデータの構造をしていたら、 addChatMessage() に渡してメッセージデータとして追加し、最新の配列を全クライアントに通知する。

ちゃんとアカウントがあって個人間やグループ内チャットの場合はクライアントの選別が必要になるが、それはまた今度(?)。

クライアントアプリは引き続き vite で React SPA として作るが、fastify で配信してもらうように @fastify/static を設定しておく。

npm install @fastify/static
import fastifyStatic from "@fastify/static"; ... server.register(fastifyStatic, { root: path.join(__dirname, "../client/dist"), });

vite でビルドすると dist ディレクトリに全部のアセットが吐き出されるので、それを fastify で配信させる。

サーバーアプリケーションは起動しておいてクライアントアプリ開発に入る。

クライアントサイド

userId を新規生成するか既存のものをローカルストレージから取得するカスタムフックを用意する。

import { useMemo } from "react"; const localStorageKey = "__chat-app-user-id"; export function useUserId(): string { return useMemo(() => { const fromStorage = window.localStorage.getItem(localStorageKey); if (fromStorage == null) { const generated = Math.random().toString(36).slice(-8); window.localStorage.setItem(localStorageKey, generated); return generated; } else { return fromStorage; } }, []); }

useMemo に渡す factory 関数の中でローカルストレージにアクセスし、 userId が保存されていればそれを返すしなければランダム生成する(したものはローカルストレージに保存する)。カスタムフックを使う側にとってはローカルストレージの存在やランダム生成ロジックを隠蔽されていて、ただ文字列を受け取るだけのシンプルなインターフェイスになってよい。window オブジェクトを使っているのでこのまま SSR 環境に持っていくと死ぬけど。

ブラウザ側の WebSocket 通信部分もカスタムフックに隠蔽しよう。次のようなインターフェイスのカスタムフックがあれば、使う側は通信プロトコルを意識することなくチャットメッセージを扱える。

type UseChatMessagesReturn = { messages: ChatMessage[]; addMessage: (content: string) => void; }; function useChatMessages(userId: string): UseChatMessagesReturn;

引数の userId は先程のカスタムフック useUserId で取得したものを渡す想定。戻り値の messages はサーバーサイドのメッセージ配列と同期されたリアクティブなステートで、 addMessage はメッセージを新規作成する関数。内部実装はこんな感じ。

export const useChatMessages = (userId: string): UseChatMessagesReturn => { const [messages, setMessages] = useState<ChatMessage[]>([]); const webSocketRef = useRef<WebSocket>(); useEffect(() => { const protocol = window.location.protocol === "http:" ? "ws" : "wss"; const socket = new WebSocket(`${protocol}://${window.location.host}/chat`); webSocketRef.current = socket; socket.addEventListener("message", event => { setMessages(JSON.parse(event.data)); }); return () => socket.close(); }, []); const addMessage = useCallback((content: string) => { webSocketRef.current?.send(JSON.stringify({ userId, content })); }, []); return { messages, addMessage }; };

useStatemessages 配列を用意する。 useEffect の中で WebSocket をインスタンス化して、サーバーと接続する。データの受信イベントで受け取ったデータをパースして setMessages に渡す。 addMessage では、引数で取った文字列とカスタムフック自体の引数の userId をセットでサーバーに送信する。カスタムフックからは messages ステートと addMesage 関数だけに限定して return することで、内部実装を隠蔽する。

あとは作った 2 つのカスタムフックを使う側とビュー。

function App() { const userId = useUserId(); const { addMessage, messages } = useChatMessages(userId); return ( <Layout> <LayoutMain> <Container> <Messages userId={userId} messages={messages} /> </Container> </LayoutMain> <LayoutBottom> <Container> <MessageInputForm onSubmit={addMessage} /> </Container> </LayoutBottom> </Layout> ); }

userId の採番や WebSocket 通信をカスタムフックに隠蔽したのでビュー部分は非常にクリーンにできている。 ちなみにスタイリングメソッドには stitches を使ってみているのでコードを参照されたい

この状態で vite サーバーを起動すれば、チャットアプリが動作する(開発中は WebSocket 通信が fastify サーバーに振り分けられるように vite.config.ts を修正しておく)。

Docker コンテナセットアップ

もうひとつ習得したい知識として、最近話題に上がってた Google Cloud Run を使ってみたいと思っていた。ついでなので、このチャットアプリを Google Cloud Run でデプロイしてみるため、まずは Dockerfile を書く。

サーバーもクライアントも TypeScript で書いており、それぞれでビルドが必要なのでマルチステージビルド構成で書く。最終的なコンテナはひとつで、React アプリを一緒に配信してくれる fastify サーバーを起動する。実際の Web サービスだと、React アプリは Cloud Storage に置いて DNS か何かでルートマッピングするのがいいのかな。

まずはクライアントのビルドフェーズ。

# STAGE-0 build client FROM node:16-slim AS client WORKDIR /usr/src/app COPY ./client/package*.json ./ RUN npm install COPY ./client ./ RUN npm run build

ステージ名を client にしておいて、ホストマシンからファイルをコピーして依存モジュールをインストールしてビルドを実行するだけ。シンプル。

続いてサーバーのビルドフェーズとコンテナ起動コマンド。

# STAGE-1 build server FROM node:16.14.2 WORKDIR /usr/src/app COPY package*.json ./ RUN npm install COPY ./src ./src COPY tsconfig.json ./ RUN npm run build COPY --from=client /usr/src/app/dist ./client/dist EXPOSE 7777 CMD ["node", "dist/main.js"]

同じくホストマシンからファイルをコピーして依存をインストールしてからビルドを実行する。その後、 client ステージで生成した React アプリもコピーしておく。ビルド後のルートモジュールは dist/main.js なので、それを Node.js で起動する。

Cloud Run のセットアップ

Google Cloud Run のセットアップは、Dockerfile を含む GitHub リポジトリを指定するだけでアプリ化してくれる。めちゃくちゃ便利。

管理画面は日本語で表示されているし日本語ドキュメントも充実しているので、操作に迷うことがなかったため、Cloud Run のセットアップについては特筆することがない。

ということでデプロイされたアプリがこちら。

インメモリでデータを持つため、クライアントが接続するコンテナ次第ではデータが共有されないことがあるが、データベースを持つまではしたくないので妥協。

気分次第では上の URL で配信されているサービスを停止するかもしれないので、もしこの記事を読む時にすでに停止されていれば、リポジトリを clone してローカルで Docker を起動して動作を確認していただきたい。

所感

WebSocket 使ってチャットアプリを作ってみて感じたことがあって、WebSocket ってそのまま使うものじゃない気がしてる。WebSocket というプロトコルの上にさらにフレームワークが乗っかって色々やってくれるのがいいのかなと。

WebSocket 通信が開始されたあとは、クライアントサイドもサーバーサイドも究極的には ws.on("message", () => {})ws.send(data) をするだけになってる。HTTP のように受信したデータを検証して 400 番台を返す、のようなレスポンスステータスの概念もない。

なので、WebSocket 通信の上にデータ検証やデータパースをしてくれるレイヤーを設けて、その上にアプリケーション層を構築するのがいいと思った。GraphQL はその役割を担っている。

まとめ

WebSocket を勉強するためにチャットアプリを作った。ついでに stitches(CSS in JS) とか Docker とか Cloud Run とか fastify とか一気に調べて使ってみた。

楽しかったです(小学生並みの感想)

記事をシェアBuy Me A Coffee
GitHub で修正をリクエストする
すべての記事一覧へ

このサイトは Google Analytics を使用しています

© stin_factory