stin's blog logo

React + TypeScript 用の eslint セットアップメモ書き

公開:


Vite で立ち上げた React + TypeScript プロジェクトには eslint のセットアップはされていない。プライベートでちょっとライブラリを試すみたいなケースでしか Vite を使っていなかったので eslint なしで作業していたが、やっぱり useEffect の依存配列の渡し漏れをして混乱することが何度もあった。

なので今後 eslint のセットアップを勝手にやってくれないスターターを使うときにサクッと eslint を入れられるように手順をメモっておく。

create-react-app にはデフォでインストールしてあるので心配無用。 Next.js は独自の eslint パッケージを作っているのでそちらの慣習に従おう。

前提

React & TypeScript の Vite アプリケーション。

prettier でコードフォーマットを行う。

必要なパッケージ

  • eslint
  • eslint-config-react-app
  • eslint-config-prettier
npm install --save-dev eslint eslint-config-react-app eslint-config-prettier

eslint-plugin-react とか @typescript-eslint/parser とか色々あってどれ入れたらええんやとなるけど、 create-react-app のリポジトリで管理されている eslint-config-react-app が React + TypeScript プロジェクトの eslint に必要なプラグインパッケージを全部引き連れてくるので、これだけインストールすれば問題ない。ありがてぇ。

eslint-config-prettier は eslint と prettier で競合しうる rule をオフにしてくれるもの。プロジェクトで eslint と prettier を併用する場合はこれをインストールしておく。 eslint-plugin-prettiereslint-config-prettier という名前の似たライブラリが存在しているが、 eslint-plugin-prettier はもう使用する必要がなくなっていることが言及されている。

eslint 設定ファイル

// .eslintrc.js module.exports = { extends: [ "eslint:recommended", "plugin:@typescript-eslint/recommended", "react-app", "prettier", ], rules: { "react-hooks/exhaustive-deps": [ "warn", { additionalHooks: "(useRecoilCallback|useRecoilTransaction_UNSTABLE)", }, ], "no-duplicate-imports": "warn", "react/react-in-jsx-scope": "off", "react/prop-types": "off", "react/button-has-type": "warn", "react/no-access-state-in-setstate": "error", "react/jsx-boolean-value": "warn", "react/jsx-equals-spacing": ["warn", "never"], "react/jsx-fragments": "warn", "react/self-closing-comp": ["warn", { component: true, html: true }], "react/void-dom-elements-no-children": "error", "@typescript-eslint/explicit-module-boundary-types": "warn", }, };

eslint-config-react-app"eslint:recommended"plugin:@typescript-eslint/recommended" を指定してくれていないので、それぞれの recommended 設定を有効にしたい場合は明示的に extends に含める必要がある。

rules の部分は好みで "off" にしたり "warn" にしたり "error" にしてよい。

rules["react-hooks/exhaustive-deps"] の部分は、依存配列の漏れをチェックしたいカスタムフックを追加するときに追記する。上記はステート管理ライブラリ Recoil を導入する時の例。ちなみに、あまり依存配列を受け取るようなカスタムフックは作らないほうがいいということが言及されている。 Recoil のような低レイヤーライブラリならともかく、アプリレイヤーで作るカスタムフックが依存配列を引数に持つのはやめておこう。

まとめ

Vite のような eslint をセットアップしない React プロジェクトスターターに eslint を入れるときに必要なライブラリと、自分好みの設定ファイルをメモしておいた。

設定ファイルのほうは好みの変遷によってアップデートしていくかもしれない(多分しない)。

記事をシェアBuy Me A Coffee
GitHub で修正をリクエストする
すべての記事一覧へ

このサイトは Google Analytics を使用しています

© stin_factory